ヒーローズ・ログ

ニチアサを中心に、様々な映像作品の感想を垂れ流すためのブログです。

仮面ライダージオウ EP09「ゲンムマスター2016」感想

こんにちは、ログ(@exloyrog)です。

 

気づいたら休みを挟んで2週間経ってしまいましたが、9話感想です。その間平ジェネに関する色んなニュースがありましたね......。

 

 

 

4タロスの出演は何となく予想できましたが、まさかオーナーこと石丸謙二郎さんもご出演されるとは。スーパーヒーロー大戦以来では? ゲストには大東さんもタイムジャッカーとして出られるということで楽しみです。ただ、主役級のレジェンド出演はサプライズ発表あるのかな? というのにずっと気になっております。東映さんのことだから無くても不思議ではないけど、近年サプライズが上手くなってるからあながちナシとも言えない......。特にWの2人がまた見たいのです。

 

今週の放送後に何か発表はないかな? と期待半分くらいで待ってます。

 

 

 

 

 

 

檀黎斗☆王、爆誕

 

や~、久々に日曜朝から爆笑しましたよ。主に2017年上半期に世間を騒がせた檀黎斗、もとい新檀黎斗、もとい檀黎斗神がテレビに復活しました。しかも王として。檀ファウンデーションが日本からの独立を宣言! とか訳わかんなさすぎてお腹が痛い。今思えば毎週この神を拝んでいたあの頃はおかしかったんだなって......。

 

しかもレジェンドというよりは敵、アナザーライダーとして登場。タイムジャッカーも人選が両極端すぎるというか、この段階でこの人持ってくる?という感じです。まあコントロールが難しい人だから、必ずしも王位決定戦に参加してくれなさそうなので、成功かというと微妙なんですが。とにかくそれだけ異端な存在ですよ彼は。

 

アナザーオーズになったのは2010年。最初2016年と勘違いして時代を遡り、ゲイツが倒したというのに復活したのはそういう理由か。次回は2010年で檀黎斗王を倒すという流れでしょうか。でもゲンムウォッチはどうやって生まれたのか? とかエグゼイド世界との関連性は? とか謎が多くて、一筋縄ではいかなさそう。特にゲンムウォッチ関連は単なる販促にせず、話に絡めてほしいものです。

 

それにしても彼の暴君ぶりといったら。記者を屑ヤミーにし、比奈ちゃんと映司くんを捕え、比奈ちゃんにビンタしようとする。本編よりもだいぶ暴力的な人になってます。執念を燃やせるもの(ゲーム)がなくなった彼に残ったのは屑な人間性だけ、と思うとちょっと悲しい......。おそらく檀正宗らしき人も手にかけてましたしね。あのシーン、TLの皆が「絶版おじさんだwwww」と盛り上がったのには笑いましたけど。

 

 

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダーゲンム 檀黎斗列伝 (ロマンアルバム)

 

 

 

王は王を喰らう

 

そんな檀黎斗王に向かっていくは我が魔王。檀黎斗に対して「本物の王様だぁ~~~!!!」とか、握手したりとか、目をキラキラさせて反応する人初めて見た。流石我が魔王。エグゼイドのメンバーだったらみんな確実にチベスナ顔してますからね。

 

自ら暴君に接触し、軍門に下り、と思いきや来週で恐らく「こんなの王様じゃない!」と否定にかかるソウゴくん。じわじわと見えてきた彼の器の底知れなさを更に体現したのが、ゲイツとの戦闘シーン。「え!?こんなに強かったっけ!?」と驚きましたよ。もう歴戦の王者じゃないですか。ゲイツの荒々しい動きを全てスマートに見切ってしまいました。ただこのシーン、流石に器があってもあそこまで急成長しなくない?という違和感が。檀黎斗王に何か仕込まれたりしているのでしょうか。

 

ソウゴくん関連でもうひとつ気になったのは、比奈ちゃんを牢に閉じ込めようとする檀黎斗王を少しも止めようとしなかったこと。事情がわからないにせよ、嫌がってる人を助けようとするキャラじゃなかったかな? と思ってしまいました。何というか、先週までは表面はイイ奴だけどたまに王ムーブの底知れなさが出てきていたのに対して、今回は王ムーブ全開すぎではないかなという。

 

やはり今週はメインの下山さんではなく毛利脚本なのがキャラメイクに多少影響しているのでしょうか。その辺の擦り合わせを怠る人ではない、というのはドライブの最終回「ゴーストの事件」とかでも凄い伝わってくるので、後編で納得するものを見せてほしいなと思います。いや、「ゴーストの事件」は三条さんには悪いですけど、作中トップクラスに『仮面ライダードライブ』という作品を表現できていた話で、素晴らしいんですよね......。サブで入る毛利さんには無条件で期待値上がっちゃいます。(メインだと、うん......。)

 

 

ゴーストの事件

ゴーストの事件

 

 

 

まあ何にせよ、檀黎斗王を喰らう我が魔王が楽しみです。暴君を超えた先に彼はどのような姿を見せてくれるのか。

 

 

 

 

真の王の器・火野映司

 

檀黎斗王、我が魔王常盤ソウゴ、ともう既に十分すぎるメンツなのに、ここにぶち込まれる真打・火野映司くんがついに登場。予告と同じくらいの長さしか登場しなかったのは残念でしたが、比奈ちゃんとの出会いと、並び立つ王3人のカットには「うおおおおおおおおおお!!!!」と年甲斐もなく叫んでしまった。

 

今回のオーズ編、何がすごいって「火野映司は国会議員である」という設定ですよ。オーズガチ勢には堪らなく辛く、虚しく、でもこうきたか!!と嬉しくもある設定。毛利さん、アンタはドSか? と。設定として肩書がついただけなのか、本編の要素を汲み取ってくるのかはまだ不明ですが、本編を書いた毛利さんならやってくれると信じてる。例の女の子が回想や台詞に出てきたら確実に泣くわ。

 

 

オーズ本編を知らない人に説明すると、火野映司というキャラクターは家族が政治家のボンボンなんですね。学生時代、世界を変えたいという思いから、多額の寄付を行いつつ、戦争が頻発する地へと旅に出た。そこで出会った難民の女の子と仲良く暮らし、その子の笑顔を守り続けようと決めていた。しかし、そんな日常はいきなり戦場と化し、映司くんは目の前で女の子を失ってしまうのです。爆撃が繰り返される地で、泣いている女の子に手を伸ばし続けた。でも、届かなかった......。

 

そんな失意の中映司くんは人質とされたのですが、親の根回しで身代金が支払われ、帰国。更に「戦地を救った勇敢な政治家の息子」と仕立てあげられ、父の政治活動に利用されたのでした。これにより、無力な自分を呪い、無欲となってしまう。だからこそ、欲望を持ちすぎると暴走するオーズの器に選ばれたのです。

 

 

比奈の想い

比奈の想い

  • provided courtesy of iTunes

 

 

そういった経緯を持つからこそ、オーズにならなかった結果、国会議員になっているというのがなんとも痛々しくて......。ジオウ世界の映司くんが同じような過去を持っているかどうかはわかりません。ただ、オーズとグリードが消滅しても、紛争地で旅を行った彼の過去はなくなっていないような気がするんです。アンクに出会い、オーズの力を得るという未来がなくなってしまった映司くんが、その後どのような経緯で国会議員となったのか。尺に余裕があれば、少しでも描いてもらえないかなと思います。

 

そしてもちろん気になるのはアンクの存在。映司くんの胸にある赤い羽根や、来週登場するタジャドルライドウォッチを見るに、アンクを思い出す映司くんは確実に描かれると思います。平ジェネFINALで素晴らしいものを見せてくれた渡部秀as映司くん、また7年ぶりくらいに登場した高田里穂as比奈ちゃん。2人が、どんな表情を見せてくれるのか。第10話、期待に胸が高まります。

 

 

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー [DVD]

 

 

 

 

以上、第9話感想でした。気づいたら放送はもう3日後ですね。楽しみで胸が高まりまくっているので、超えるものを見せてくれたらなと思います。

 

 

【関連記事】

 

exloyks.hatenablog.com

exloyks.hatenablog.com