ヒーローズ・ログ

ニチアサを中心に、様々な映像作品の感想を垂れ流すためのブログです。

獣になれない私たち 第8話 感想 2人は良い「飲み友達」

こんにちは、ログ(@exloyrog)です。

 

けもなれもいよいよクライマックス。感想も佳境です。

 

毎度毎度視聴時間が1週遅れの水曜朝になってしまって、何か逆に「水曜朝はけもなれ!」と固定されちゃってます。よくないぜ。最終回くらいはリアルタイムで観たいところです。

 

 

 

月のダークラガー、めっちゃ美味しそうでしたね。飲みたい。

 

 

 

兄と弟

 
第2話辺りからうっすらと匂わせていた恒星の影の部分。その元凶といえる兄貴がついに現れました。震災や事故で全てを失った兄貴は、窃盗に手を染めてしまうほど追い詰められており、かつての真面目さは微塵もなく......。というよりは、真面目さは変わらず、その性格故にやってしまったという方が正しそうです。
 
弟の前からは悉く逃げを選択するのですが、逃げた彼に接触したのは何と晶。恒星に「自分と似てる」と聞いたからこそ、「力を貸してほしい」と言えば根拠なく来てくれるとわかっていたんですね。ラーメン屋での2人のシーンが何とも良い。
 
この時の晶がもし京谷や仕事でがんじがらめになっている時の彼女だったら、きっとこんな風に笑顔で接してられなかったんじゃないかな、と思うと嬉しく思います。「助けたいから助けた」「話したいから話した」。そう言われると恒星も「何で兄貴と~」なんて言えませんよね。
 
スッキリした顔の晶に、似た者ならばとお金を借りる兄貴。その用途は妻子への家賃支払い。真面目さ故の、歪んだ義務感です。変なの~と思いながらもタクシーで連れて行った恒星は何だかんだで弟だなと。行き先がバレてようやく兄弟喧嘩をしたシーンと、お互い毒づきながら歩くシーンに目頭が熱くなります。「誰に怒ればいいのかわからない」と苦しんできた恒星が、ようやく真正面から言いたいことを言えて......。バスで涙するシーンといい、今週のけもなれはハートフルで渋い、松田龍平の魅力全開なお話でした。
 
 
最終的に兄貴は妻子とやり直すのか、その辺りはもう描かれないと思いますが、少しでも救いがあって嬉しいです。本当は恒星の苦労を思うと、兄貴はもっと感謝すべきなんですけど、彼の姿を見たら「これ以上の苦しみを味わえ!」とも言えないし。それにしても、恒星がこうぶつかれたのは晶のお陰でもありますね。何だかんだ彼女の真面目さにやられてきているのだ。幼き日を思い出しながら生き残りゲームを楽しむ2人に、7話までの色んな会話を思い出しながらほっこりしてしまいます。
 
 

 

 

こちらの生き残り頭脳ゲーム、昔習字の先生の家で遊んだ記憶があります。こういうボードゲームって子供の時楽しかったですが、逆に今やっても盛り上がりそうだなあ。

 

 

 

 

「飲み友達」

 
恒星側のストーリーがメインでしたが、要所要所で晶の魅力が見える回でしたね。京谷の呪縛を振り切ってしっかりと「自分」を生きてるようで何とも眩しい。前までの彼女だったら、朱里と一緒に京谷に「ざまあみろ!」と笑わなかったと思いますし。
 
5Tapでの京谷との接触でも、「嫌です」と京谷を上手く振り回す晶。晶に「可愛さ」を求めて4年付き合ってきた京谷が、彼女の拒絶に動揺する様は見ていて痛快でした。改めて、本当に彼女をちゃんと見ていなかったんだなあと。質問の内容も恒星との関係についてというのが何とも彼らしい。あと2話ですが、晶との別れで彼の価値観に少しでも影響があったらな~と思います。ちなみにお父さん、まさかのナレ死......。千春さんの精神状態が心配です。晶との別れも知らないみたいだし、ここで一悶着あるのかなあ。
 
さて、これまで「只の客同士」だったのが「飲み友達」に昇格した2人の関係。個人的には、このドラマを通して付き合っても付き合わなくてもいいかな~というスタンスでいます。5Tapや恒星の事務所で楽しくお酒を飲んで、談笑して、ゲームして。そんな仲でも充分です。もし進展があったらそれはそれで面白い組み合わせですけどね。とにかく、晶が恒星から鍵を託された時に「頼んだ」「頑張れっ」と言うくらいのこの関係性、好きなんです。
 
カイジ関連もまさかのずん飯尾で片付き、兄貴問題も(お金関連以外は)消化し、京谷の問題もクリア。あとは呉羽の話、ツクモを辞めるかどうか、恒星の上司の問題......そんなところでしょうか。ネットでは尺が足りないという意見が散見されますが、個人的には前回と今回で晶・恒星それぞれのお話にだいぶ片が付いたと思います。けもなれは大きなドラマ・衝撃の展開といったコピーは似合わない物語だと思うので、それぞれの物語をただただ地続きに描いてほしいです。彼らの未来を想像で補完してみたいと思えるような、余韻のあるエンドを見られたらいいなあ。
 
 
 
 
 
 
 
以上、第8話感想でした。けもなれもいよいよ残り2話。序盤・中盤と辛い時期が続きましたが、2人が心からの笑顔で飲んで、はしゃげる姿を見れただけで救われました。ここ2話はただただ「観ていて面白い」と思える回が提供されて嬉しく思います。残り2話、というか次回予告だけでも「大きなドラマ」といえるものはなさそうに思うので、ほんのりと、さらっと結末まで向かってほしいです。
 
あと今週の上野くん! めちゃくちゃ私情をネットに書き込んでて笑った。デスクトップも「うえの」から「上の」に変わってて地味な成長でした。(成長か?)
 
 

 
 
 
 
【関連記事】