零れ落ちる前に。

その時々感じたことを、零れ落ちる前に。

ハロメンと私。 #1 ~横山玲奈(モーニング娘。'19)

ハロー!プロジェクトのメンバー、略してハロメン。現在(2019年11月時点)メジャーレーベルで活躍している計7グループには、個性豊かなハロメン達が所属しています。その数なんと61名。一般オーディションや研修生から選ばれた少女達が、自らの青春、いや、人生を賭けてアイドルとなり、人々を笑顔にしています。


そんな彼女らひとりひとりにスポットをあて、勝手に紹介していく連載がハロメンと私。」。完全な主観なので、思い出も限られてくるし、人によって熱量に差が出るかも知れません。それでも、彼女たちの良さを知ってほしいと、つらつらと思いを綴る不定期連載です。

 

前回の記事は導入編。私がハロプロに次々続々ハマっていった過程を書かせていただきました。

 

exloyks.hatenablog.com

 

 

これから現在活躍されている7グループ全61名のハロメンにひとりずつ触れていくというわけで戦々恐々としておりますが、どうぞ温かい目で見守ってやってください。

 

 

さて、記念すべき第1回、1人目のハロメンは?

 

モーニング娘。'19より横山玲奈

 

 

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/3d7bf4317c64e1b15d57f879e09df21e563c0285.jpg

 

 

読み方は「よこやまれいな」。ニックネームはよこやん。イメージカラーはゴールドイエロー。天真爛漫、元気一杯で、笑顔が魅力的な埼玉の18歳です。

 

 

モーニング娘。の13期メンバーとして2016年末に加入したよこやん。その加入は非常に劇的でした。

 

ハロー!プロジェクトには、ジャニーズJr.やAKBの研究生みたいに「ハロプロ研修生*1という枠が存在していまして、小・中学生の頃から参加して基礎を積む→昇格という形でグループデビューを果たすという流れが一般的。オーディションでの一般加入も勿論ありますが、最近は研修生上がりの子が多い印象です。

 

よこやんは一般オーディションで落ちた後、研修生に加入。その後何と4ヶ月後に「研修生からの加入」という形でモーニング娘。のメンバーに選ばれたのでした。普通は一般オーディション不合格→研修生加入し下積み→数年後に再挑戦という流れになるはずも、研修生期間は一瞬も一瞬。一気にスターへの道を駆けあがった超Lucky girlです。

 



モー娘。が13期2人お披露目 加賀楓&横山玲奈の現役高校生コンビ 『モーニング娘。’16コンサートツアー秋~MY VISION~』

 

 

また、面白いのは13期の組み合わせ。よこやんと同時加入になった「かえでぃー」こと加賀楓は、研修生活動を4年間続けてきた「大型新人」。長い下積み期間を経て、ようやく夢が叶った瞬間に、この日の武道館はとてつもなく湧き立った・・・というのは、上記の映像で確認できます。研修生期間の彼女のことは全然知らないのに、あれ、涙が。

 

 研修生の大先輩と、研修生のド新人。この2人が同期として一緒に加入し、切磋琢磨する。「リバーシブルラジオ」*2という題で13期2人のWebラジオをやっていた事からもわかる「正反対」の組み合わせに、グッとくる人はいるのではないでしょうか。正直自分はこれだけで美味しいな、と。

 

最初は「加賀さん」「横山ちゃん」と先輩後輩な感じで呼び合ってた2人が、今や「加賀がさ~」「横山の話はいいや」と、タメ口かつ雑な扱い。性格も趣味も真逆、そんな凹凸コンビ。だけど、互いの信頼感は強固で、片方がいない時も相方の話をして、「あいつが~~」みたいにいじり合う。いやもう仲良しやん??と。「13期尊い...」となる人が続出しております。

 

 

「13期」のすべてが詰まったコント

 

 

クールな加賀に、無邪気な横山。私は漫画やドラマを見る際、キャラクター同士のバディ感を好むのですが、13期はまさに漫画のような関係性。今1番キテる最高のコンビです。

 

 

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー

1列目中央に並ぶ2人の新人、13期。「新時代/新世代の幕開け」が、始まりの曲

 

 

 

 

チャーミングな笑顔と声質

そんなよこやんの一番の魅力は笑顔! 年中ニコニコしてて、いっつも笑っている。尻尾を振って走ってくる子犬のように、くしゃっとした表情が本当に愛くるしくて、疲れた心に滅茶苦茶沁みます。笑顔の君は太陽さ、って間違いなく彼女のことを言ってると思う。

 

喋り方というか声質も非常にチャーミングなんですよ。キュートで甘い声、とはまた違ってどちらかと低めなんですが、甲高くなったり低くなったりの緩急が激しい。無邪気な性格をそのまんま形にしたような声です。

 

歌声も地声に近いからわかりやすくて、「あっ、よこやん!」と気付けます。モーニング娘。'19内ではまーちゃん佐藤優樹ちぇる野中美希に並んで聞き分けやすいんじゃないかな。

 

画面越しでも現場でもその愛くるしさが堪らないよこやんですが、私が彼女に落ちる決め手となったのは、あるイベントでの"神対応"。

 

あるイベントとは、今年の6月16日に東京ドームシティ ラクーア ガーデンステージで行われた「ZDA(全国同時握手会)」の東京回。3日間でメンバーが全国に散らばり、47都道府県でイベントを催すという狂気じみたツアーの最後の最後、一番メンバーが疲れてるだろう回に参加しました。

 

自由奔放なリーダー*3に突っ込み続ける緩い内容でしたが、トーク中ずっと楽しそうなよこやんに惹きつけられてしまい、こっちも終始ニコニコ。この時期メンバー間で流行ってたという「横山が代わりに謝罪するネタ」も自分からいじられにいって大いに笑いを取る、そんな芸人魂も面白くて、短いながら満足なイベントになりました。

 

そのイベントの最後、ZDAなので当然握手会をして締めるという流れになり、緊張の面持ちで流れを待ち、ついに自分の番に。正直言うと、私は握手会が苦手でして。自分を彼女らのステージに介入させたくない派なので、THE 接触な握手会はモットーに反しているのです。

 

だからこの時も流れに任せて一気に抜けよう、と思っていたのですが・・・

 

よこやん「あっ、それ工藤さんの!」

 

1秒もないくらいの一瞬、前のめりで私の服*4を指し、笑顔で対応してくれました。大勢捌かなきゃいけないのにちゃんと1人1人を見てくれていること、たまたまとはいえ「ありがとう~」以外の言葉をくれたこと、それと間近で見る無邪気な笑みの眩しさといったら。 

 

こういうのって大方「偶然」なのですが、接触が好きな人って多分「偶然」の積み重ねで好きになっていくんだろうな~と、オタクが握手会に行きたがる理由をひとつ理解したような気になりました。

 

トークイベント形式の現場でよこやんに会ったのは、ZDAと15期お披露目イベントの2回きりですが、いずれもサービス精神旺盛。とにかく元気を貰えます。今年開設された公式インスタでは、よこやんの動画がストーリーズに上がるたび勇気を貰ってます。

 

 

 

成長と共に変化する表現力

では、ライブではどんなパフォーマンスをするのか。無邪気な笑顔、容姿、キャラクターから、ミニモニ。的な可愛らしさを連想できると思います。実際、可愛い曲を身に纏うと超似合う。今年のひなフェスの「グルグル JUMP」*5は自慢の笑顔全開で、幸せな気持ちになりました。

 

しかし、それだけではないんです。特に最近、笑顔を封印したクール路線が非常に素晴らしい。

 

まず印象的だったのはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019で歌われた「シャボン玉」。黄金期の人気曲で、女の愛憎を感情的に歌った一曲です。道重さゆみの「なのに、どこ行ったんだよ~」や、石川梨華の台詞パートなど、要所要所に挟まれるセリフも印象強く耳に残ります。

 

 


モーニング娘。 『シャボン玉』 (MV)

 

 

モーニング娘。の楽しみ方の一つに、先輩から脈々と受け継がれていく歌割を次は誰が歌うのか?という見方があるんですけど、この石川梨華の台詞パートを継承したのがよこやんでした。意外な人選に驚きましたが、普段のキャラクターからは想像できないような暗くドスの効いた声で発した「なによ!人が真剣に話してるのに」や、その時のギラギラした目付きに震えました。こんな表現もできるんだ!と、迫力に圧倒されたのを覚えています。石川梨華さんとも、前任の飯窪春菜さんとも異なる解釈での「重い女」を、7万人の目の前で見せつけました。

 

また、現在公演中の秋ツアーより、15期メンバーとして新たに3名の新人が加入したのですが、はじめての後輩*6が加入したことによって意識が変わったのか、大人っぽい表現をしたのに驚かされたのがこちらの映像。

 

 

 

上の映像を再生すればそのまま「青春Night」のライブを鑑賞いただけますが、注目してほしいのは1番サビの「そんなの勿体無いでしょ!?」(6:15~)、2番Aメロの「待っちゃうのよ」(7:10~)の2箇所。髪を振るわせ、流し目で送る鋭い視線に、短いながら射貫かれました。そしてその直後に見せたいつもの笑顔にホッとする。裏の一面を少し表に出すような絶妙な表現の調整に、デビュー3年目の大きな成長を感じたのでした。

 

コメントもよこやんに触れる方が多くて、やっぱビビるよなぁと。今後更に先輩として経験を積み、どう変化していくのか非常に楽しみです。

 

 

 

・・・その一方で、大きなやらかしも。

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

「令和逆さま事件」として歴史に残った大事件。そんなよこやんが愛おしいです。

 

 

 

 

それではここで1曲聴いていただきましょう。よこやんもとい、13期にとってのデビューシングル曲である、重要な1曲です。

 \モーニング娘。'17で「BRAND NEW MORNING」!/

 


モーニング娘。'17『BRAND NEW MORNING』(Morning Musume。'17[BRAND NEW MORNING])(Promotion Edit)

 

 

 

 

次回予告

ハロメンと私。#1はよこやんこと横山玲奈ちゃんについてたっぷり語ってきました。他にもラジオで止まらない芸人魂や、特技としてアピールし始めたサックスなど、語り切れない魅力はたくさん。今はまだ後輩側ですが、これからモーニングを担う立場になっていく中、どう成長していくのか楽しみです。

 

今後もこんな感じで、一般的に知られているエピソードと、個人的に現場に行って体感したことを交えながら紹介していこうと思います。

 

さて、次回。2人目のハロメンは・・・?

 

 

 

 

 

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/a567190d785034e72e76139d3dc06d77816c2148.jpg

 

 

BEYOOOOONDSの高瀬くるみちゃん! 

 

「令和の大型新人アイドル」として登場したBEYOOOOONDSで、リーダーシップを大いに発揮しているくるみん。雨ノ森 川海のリーダーでもある彼女は、研修生時代からの下積みも長く、今年二十歳を迎えたタイミングでのデビューとなりました。

 

BEYOOOOONDSのパフォーマンスやメディア露出を見るたびに、必ず彼女に目を引かれてしまうのは、メリハリのある表現力からか、はたまた抜群のトーク力からなのか。令和どころか、2020年代のアイドルシーンを担う1人にもなるであろう、注目の新人アイドルです。

 

そしてこの記事の翌日、11月27日はBEYOOOOONDSの1st Album「BEYOOOOOND1St」の発売日でもあります。もうこれ、期待大すぎて。年の瀬も迫るタイミングで、アイドル界に激震をもたらすんじゃないかと思ってます。ラジオの先行オンエアで数曲聴きましたが、良い意味で狂った曲しかないという。流石「へんてこ」集団。

 

 

くるみんに触れつつ、BEYOOOOONDSに触れ、1st Albumにも触れる。そんな第2回にする予定です!

 

 

 

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー

BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー

 

 

*1:昔は「ハロプロエッグ」と呼ばれてました。世間的にはこっちの方が馴染みありそう

*2:Hello! Project オフィシャルファンクラブサイトで毎週木曜日に配信されていた「13期メンバーWebトークリバーシブルラジオ』」のこと。現在は終了し、代わりに「15期メンバーWebトーク「Three stations」」が配信中。

 


DVD「モーニング娘。'19 13期メンバーWebトーク『リバーシブルラジオ』Part2」

*3:いずれ紹介するけど、モー娘。の現リーダー・譜久村聖はボケが酷い。見た目とは裏腹に年中ボケてる。もはやツッコミもなくガン無視されるも突き進むメンタルが面白いです

*4:工藤遥とKANGOL AWARDのコラボシリーズ「HARU:KANGOL」。推しTシャツみたいなの持ってなかったから着ていった。

*5:モーニング娘。プラチナ 9 DISC』に収録された、久住小春、ジュンジュン、リンリンによる1曲。 ひなフェス2019という春のイベントで、「毎日楽しく過ごし隊」というユニットの1人として披露した。めっちゃ可愛い

*6:14期の森戸知沙希カントリー・ガールズという別グループとの兼任扱いで加入したため、ハロプロ歴としては先輩になる。