ヒーローズ・ログ

ニチアサを中心に、様々な映像作品の感想を垂れ流すためのブログです。

ウルトラマンガイア 第23話「我夢追放!」感想

第23話は悲劇の幕開けと言えるドシリアスな回。藤宮が心の内に溜めてきた人間への諦観が、最悪の形で具現化されることになりました。彼の暴走は次回として、今週は彼にとってのキーマン、稲森博士に悲劇が―――。我夢追放も驚きでしたが、それ以上にキツイ展開でした。

 

 

 

 

我夢追放!

我夢には悪いけどすごく声に出して読みたい日本語、「我夢追放!」。彼のエリアルベースからの追放は、組織の闇というか裏を感じますが、まあ藤宮への接触は実際多かったしわからんでもない。いっつも戦闘中に機体を無人にしている件もあるし、疑われても無理はないところは否めません。「これは決定事項だ!」と厳しく追放する人が、先週温かい一面を見せた千葉参謀というのも残酷だなあ。

 

とはいえ、我夢の仲間達はその決定を快く思うことは無く。堤チーフは監視という名目で梶尾さんをけしかけるのでした。チーフの意図をすぐに汲んでニヤニヤする梶尾さんが可愛い。というかやっぱり梶尾さんの株が最近上がりっぱなしでもはやストップ高。先週書いたように記事末尾で【今週の梶尾さん】コーナーを設けることにしたぜ。皆見てくれよな!(誰)

 

稲森博士の企みに気付いた我夢は彼女を追い、止めようとしますが応じることはありませんでした。ガイアの力があり、人間讃歌を説いても、目の前で苦しんでいた人を救うことができなかった我夢。ダメージは藤宮の方がデカいですが、我夢もきっと強く後悔をしていると思います。この傷を負った上で藤宮にどんな言葉をかけるのか......。怒りのまま怪獣を倒した後、上空から藤宮を見据える視線はどこか悲しそうでした。

 

そうそう、今週のポイントは私服我夢と怒りガイア。いつもと違った面をそれぞれ見られて面白かったです(この2つを同列に並べるのはどうなんだ)。私服はともかく、絶叫に近い「ガイアー!!!」と、いつも以上に気持ちがしっかり入った変身は胸に響きました。役者さんの着実な成長を感じます。そして忘れちゃならないのが、援護するチームクロウ。もうすっかりガイアとの信頼関係が確固たるものになっていて熱い。個人的にクロウの姉さん達はタイプなので、本編に密接に絡まないとはいえ、こうも活躍してくれると嬉しいですね。

 

 

藤宮と稲森博士

以前の稲森博士を知っていたら、こんな形で裏切るとは微塵も思っていなかったので、まずこういう展開に驚きました。藤宮同様、いやそれよりも一歩手前ですが、怪獣に人間を襲わせることによって、人間に愚かさを気付かせようというどこか危険な考えを持ってしまった彼女。その考えに至ったのはやはり藤宮のアグルとしての苦痛を一番に理解していたからなのでしょう。

 

しかし、そもそも人間が怪獣をコントロールできる、と思ってしまったこと自体が過ち。稲森博士自ら人間の愚かさを証左してしまったという皮肉な結果になりました。ニヤリと目つきが変化したゴメノスは久しぶりに怪獣に対する不気味さを感じましたね。ああ、こいつとはわかりあえない、という。

 

稲森博士の死を看取り、絶叫する藤宮。もっと早く来ていれば彼女を救うことができていたのに、間に合わなかったのは、こうなることをどこかわかっていたからなのでしょうか。彼女の死のようなショッキングな出来事が起こらないと、人間を滅するような行動には出られないというか、それを引き金にしたかったというか。そこまでは考えすぎかもしれませんけど、彼がこれまでのような行動をしなかったら、きっと博士が犠牲になることはなかったと思いますし、何とも悲しい結末です。

 

ディスクを持ち帰らなかった行動に、彼なりの矜持が見られました。彼女にこれ以上罪を着せるわけにはいかないという思い。悪は自分だけでいいという少し諦め混じりの考えが透けて見えます。とはいえ、彼の考えを正当化するなら、やはり人間は直接滅ぼさねば、ということで次回の展開へ。我夢は藤宮の暴走を止めることができるのか。そして藤宮=ウルトラマンアグルは、ヒーローになれるのか。次回も目が離せません。

 

 

【今週の梶尾さん】

・我夢を信頼し、チーフの頼みをしたり顔で快諾する

・我夢の元に大袈裟なムーブで突入するも、爆笑される(てか笑いすぎでは)

・車運転時の姿勢が良い。セスジピーン

・「我夢」呼びが板についてきた点、初期を思うとデレデレ

・藤宮の説得を諦めない我夢を強く止める

 

 

 

我夢追放!

 

第23話感想でした。次回「アグルの決意」。タイトルだけ見たら「正義の決意」に見えますが、むしろ真逆。我夢、どうか失意の藤宮を止めてくれ。 

 

 

【ブログへの感想、ご意見お待ちしています】

◯マシュマロ、もしくはコメント欄、Twitterまで!

 

marshmallow-qa.com