ヒーローズ・ログ

ニチアサを中心に、様々な映像作品の感想を垂れ流すためのブログです。

仮面ライダージオウ 補完計画 14.5話「ピンクの悪魔」感想

こんにちは、ログ(@exloyrog)です。

 

補完計画、まさかのあと2話。もっと1年くらいやるもんだと思ったら、1クールちょいかあ~。寂しいけど、最後まで笑って見届けましょう。

 

ピンクじゃなくてマゼンタ

冒頭、ピンクの戦士の登場に士気を高めるゲイツくんと、飯を食われたことに悩むソウゴくん。そこに現るは、「ピンクじゃないマゼンタだ」とお怒りの門矢士さんでした。最近いっつも「マゼンタだ」とTwitterで突っ込んでる人じゃないですか。(それは井上正大氏)

 

 

 

 

士さんによると、ピンクはマゼンタにイエローが混ざっているが、ディケイドはマゼンタ100%。急にインクの話ではありますが、なるほどあれ100%だったんだ。あの色味を持ち込もうと決定した人、本当に勇気ありますよね。

 

ウォズさんによれば、ディケイドは男性のヒーローで初めてピンクマゼンタを持ち込んだライダー。そのおかげで、後のエグゼイドやジオウにピンク要素が入り込むようになったのです。

 

で、何故ピンクになったのか。この本によれば、

 

①塚田Pがピンクのシャツを着ていたから

②ディケイドが色んなライダーを混ぜる番組だから (混ぜる→混ぜた→マゼンタ)

 

と諸説あり。いやどっちも胡散臭くて笑いました。そんな雑な。でも①は意外とある気がしてきました。東映ならやりかねん。

 

 

ディケイドの「功」

ウォズはディケイドの「功罪」と言ったけど、じゃあ「功」って何よ? とツクヨミ。それは結局、ライダーにピンクを持ち込んだことで、以後のライダーのカラーバリエーションが増えた点。これまでは赤・黒・緑・青のようなパキッ!とした色しかなかったけど、ディケイドのピンク以後、パステルカラーが増えたとのこと。

 

なるほど〜と思いつつ、でもそんなに増えたっけ......? という疑問も。メインライダーではあんまり増えていないような気がします。明るめが増えたという意味では、鎧武やゴーストのオレンジ、フォーゼの白、エグゼイドのピンク辺りかな。サブライダーでは確かに鎧武シリーズやエグゼイドシリーズは面白い色が沢山ありましたね。着色料みたいなチカチカする色が多かった印象。

 

ここで男ばっかピンクなせいで私は着られない〜とツクヨミちゃんのボケタイム。ピンクを着てるツクヨミちゃんも可愛いですが、個人的には白の方が似合うと思いますよ。いやでも、いつか機会があれば是非衣替えで着ちゃったりしてくださいな。

 

 

仮面ライダーディケイド Blu-ray BOX

仮面ライダーディケイド Blu-ray BOX

 

 

 

おのれディケイドォォォ!!

最後はみんなで一緒に、せーのっ! という感じで発された「おのれディケイドォォォ!!」。鳴滝さんの十八番がついに後輩からも発されることになりました。おのれディケイド。

 

テイク1では呆れた士さん帰っちゃいましたが、テイク2は説教編。先輩に向かって口の利き方が悪いぞ、もっと謙虚にってお前がいうか!という感じです。「だって王様だもん」とずっと雛鳥のように弱々しく反論してるソウゴくん可愛い。

 

何でも説教する士さん、最近見た銀河岩チャンネルの配信が面白かったので、ディケイドファンはこちらも是非。

 


【銀岩塩】仮面ライダージオウ出演スペシャル!!

 

 

以上、14.5話でした。実際あの色味、奇抜なデザインなのにハチャメチャカッコよく見えるディケイド、すごいデザインだと思いますよ。あんなバーコード野郎なのにね。「功罪」の「功」はあるのかといわれましたが、ライダーの可能性を無限に切り開いたという意味では確かに「功」だと思います。

 

 

【関連記事】

 

exloyks.hatenablog.com

 

exloyks.hatenablog.com